イギリス生まれのクリスマスプディングで願いをかなえよう

クリスマス,プディング

「クリスマスプディング」をご存じですか?日本人にはあまりなじみのないお菓子でしょう。「プディング」といえば大抵はカスタードのプリンを想像しますが、日本人の想像するプディングとは見た目からして全くの別ものです。クリスマスプディングは、イギリス生まれのずっしりと重めのケーキのようなスイーツです。
また日本ではプディングと聞いても、なかなかクリスマスを連想しませんが、イギリスではクリスマスに欠かせない伝統的なお菓子です。ここではクリスマスプディングについてご紹介します。興味を持たれた方は、ぜひ今年のクリスマスに取り入れて、イギリスの雰囲気を味わってみてください。

「クリスマスプディング」のはじまりは?

クリスマス,プディング
クリスマスプディングの起源は中世です。当時はケーキというよりもスープに近い状態で、お肉を保存するための料理がはじまりとされています。それが少しずつ変化して、現代のケーキのような形になったそうです。

クリスマスプディングのはじまり

14世紀頃は、クリスマスに食べる料理ではありませんでした。形もケーキのような固形状ではなくて、煮込んだ動物の肉をプラムやレーズン、ワインと合わせ、スパイスを加えたスープ状の料理でした。「プラム・ポタージュ」と呼ばれ、お肉を保存するための料理だったようです。
16世紀にはクリスマスのシンボルとして確立しました。19世紀頃に材料に増粘剤が使用されるようになってからは、ケーキのような固形状になりました。そして、ヴィクトリア女王が英国王室のデザートに採用したことで、クリスマスプディングは、イギリスのクリスマスの定番スイーツとして楽しまれるようになりました。

クリスマスプディングは家庭の味

クリスマスプディングは、具材にプラム(干しブドウ)が使われることが多いため「プラムプディング」とも呼ばれています。また、家族全員がそろって作り、使用する材料は13種類が望ましいとされています。家庭ごとに異なった味とレシピがあり、熟成させればさせるほどおいしくなるといわれています。
そのため、ずいぶん早くから準備に取りかかる家もあったようで、「クリスマスプディングを食べ終わったらすぐに、来年のクリスマスプディングを作りはじめる」という言葉もあるくらいです。現在のイギリスでは、クリスマスプディングを手作りする家庭が少なくなり、スーパーなどで購入することが多くなっているようです。

クリスマスプディングのジンクス

クリスマスプディングは長い歴史のあるお菓子なので、さまざまなジンクスや言い伝えもあります。生地を加熱する前に、家族全員が1回ずつ、願いごとをとなえながら生地を3回かき回していくことで、願いがかなうと言われています。なお、この儀式は地球の周りを太陽や月が回っているとされる天動説に由来しているそうです。回す方向は時計回りと決まっていて、反時計回りに回すと縁起が悪いと考えられていました。また、加熱する前にコインや指ぬき、指輪などを入れ、切り分けて食べる際に当たったものによって、将来を占うということもされていました。

青い炎に包まれる幻想的な「クリスマスプディング」

クリスマス,プディング
クリスマスプディングは実際にどのようにして食べるのか、気になりますね。1カ月近く熟成されたケーキは、どのような味なのでしょうか。実際に作ってみてもいいですね。通信販売でのお取り寄せも簡単で便利です。

伝統的なクリスマスプディング

クリスマスプディングは、材料を混ぜ合わせて長時間蒸し、その後1カ月以上熟成させて、食べる前に再び蒸しなおします。見た目は黒いかたまりで、ずっしりと重量感があり、蒸しなおすことによって温かい状態で食べられます。ブランデーがきいた味わいで、心身ともに温まりそうです。
イギリスでは、伝統的にクリスマスプディングを作る日が決まっていて、クリスマスの約5週間前の日曜日となっています。その日は「Stir Up Sunday」と呼ばれています。キリスト教においては、イエスの生誕を待ち望む待降節(アドベント)が、クリスマスイブの約4週間前の日曜日からはじまるので、クリスマスプディングを作る日はその1週間前ということになります。

クリスマスプディングを味わいましょう

クリスマスプディングのレシピはたくさんあり、日本人向けに改良されたものも多くあります。日本では手に入りにくい食材もあるので、自分に合ったレシピを見つけて作るといいでしょう。自分で作るのは面倒だと感じる方には、温めるだけのクリスマスプディングも販売されています。お店で販売されていることはあまりないので、通信販売でのお取り寄せが便利です。
イギリスのクリスマスプディングは、食べる前にブランデーをかけてフランベして食べるのが一般的です。部屋の明かりを消すと、暗闇で青い炎に包まれるクリスマスプディングはとても幻想的です。家庭によっても違いますが、カスタードや生クリームを添えて食べることが多いようです。

まとめ

国が変われば、クリスマスのお祝いの仕方や食べるものも変わって面白いですね。イギリスの伝統的なお菓子であるクリスマスプディングは、長い歴史の中で変化し受け継がれてきました。たくさんの食材を使って1カ月近く熟成して食べるお菓子。味わってみたくなりましたか?