子供も大人もわくわく「お菓子の家」のクリスマスケーキ

クリスマス,家,ケーキ

お菓子で作られる家は、北欧ではもともとポピュラーなお菓子で、クリスマスの風物詩のひとつです。かためのジンジャーブレッドやレープクーヘンを使って、家やパーツを作ります。
なぜジンジャーが使われるようになったかというと、ジンジャーには薬効成分があるため、寒い冬の無病息災を願ったからと言われています。また、お菓子の日持ちがよくなる働きもあります。「お菓子の家」は、一度はクリスマスケーキとして作ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

まずは、「お菓子の家」の土台となる建材作り

クリスマス,家,ケーキ
「お菓子の家」のクリスマスケーキ作りに欠かせないのが、土台となる建材です。簡単に作れるキットは便利ですが、自分で型紙から作ってみるのもいいですね。作り方はさまざまです。自分に合ったケーキを手作りしましょう。

市販の作成キットを使って作れば簡単

近頃は、「お菓子の家」のキットも多く販売されるようになりました。価格もさまざまです。クッキー生地ができあがっていて、自分でクッキーを焼かなくても作れるものもあります。キットの箱などに書かれている詳細をよく読んで選ぶといいでしょう。「お菓子の家」のセット内容や自分で用意するもの、所要時間、作り方などをよく読んでから選べば、失敗せずスムーズに「お菓子の家」のクリスマスケーキが作れます。

「お菓子の家」の抜き型を使って作る

「お菓子の家」の抜き型を使う方法もあります。一度購入すると毎年使えますね。シリコンのモールドタイプのものもあり、型にクッキー生地を入れて、そのまま焼き上げられるので便利です。
このような「お菓子の家」の抜き型は、100円ショップで気軽に購入できます。サイズは小さめですが、練習用やクリスマスツリーのオーナメントにちょうどよさそうですね。

「お菓子の家」を型紙から作る

「お菓子の家」を型紙から作ることも可能です。大変ですが達成感はあります。自分が頭で思い描いた家を作れたら、喜びもひとしおでしょう。型紙は、実際に測って作ってもいいですし、インターネットでダウンロードもできるので、こちらを利用するのも便利です。型紙に使用する紙は、比較的かための紙の方が扱いやすいようです。

「お菓子の家」をデコレーションしよう

クリスマス,家,ケーキ
土台ができたら、デコレーションをしましょう。「お菓子の家」のデコレーションは、人それぞれの個性が出せます。自分だけの、この世にひとつしかない「お菓子の家」のクリスマスケーキを完成させましょう!

お菓子とお菓子をつける接着剤

「お菓子の家」の組み立てに接着剤として使うのが、アイシングです。このアイシングは、卵白と粉糖を混ぜて作ります。飾り付け用ではなく接着剤として使うには、ある程度の粘りが必要です。大量に使う場合は、ハンドミキサーで混ぜて作るのがおすすめです。ピンと角が立つくらいが適したかたさです。市販のアイシングシュガーパウダーを使うと、もっと簡単に作ることも可能です。
かためにできたアイシングは、絞り袋やコルネに入れて、絞り出して使います。たっぷりとつけて、内側からも補強すると倒れにくくなります。組み立てにかかる時間は、アイシングの乾き具合にもよります。焦らずに余裕を持って作れるといいですね。

「お菓子の家」のデコレーションアイテム

組み立てた家をデコレーションするのは、一番わくわくするところではないでしょうか?ここでも、接着作業があるのでアイシングが必要ですが、市販のチョコペンなどでも軽いものなら接着できます。チョコレートやマシュマロ、クッキーなど、市販の好きなお菓子をふんだんに使ったり、土台作りで余ったクッキー生地を型抜きして飾り用にしたりするなど、アイデア次第でいろいろなデコレーションができそうです。アイシングやチョコペンなどで、お絵描きするのも楽しいですね。「お菓子の家」にくりぬきの窓がある場合は、中にLED電球のキャンドルライトを入れるのも素敵です。

アイシングのポイント

アイシングは普通の卵白を使用しますが、衛生面が気になる方は乾燥卵白で代用できます。しかしとてもダマになりやすく、水で溶いてもなかなか滑らかになりません。衛生面がどうしても気になる方は、試してみてはいかがでしょうか。
もうひとつのポイントは、アイシングにレモン汁を入れると、乾燥が少し速くなるということです。アイシングにレモンの酸味がついてしまいますが、すぐにアイシングを乾燥させたい方におすすめの方法です。
クリスマスケーキのイメージに合わせるなら、アイシングは真っ白の状態がおすすめです。それ以外なら、インスタントコーヒーなどを混ぜて少し落ち着いた茶色を表現すると、真っ白にしてあるものと相性がよくおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。子供も大人もわくわくする「お菓子の家」。クリスマスが盛り上がること間違いなしですね。ぜひ、自分に合った作り方を見つけて「お菓子の家」のクリスマスケーキにチャレンジしてみてください。