2017/11/8

定番のケーキだけじゃない!世界のクリスマスデザート

クリスマス,デザート

日本でクリスマスに食べるデザートといえば、生クリームやチョコクリームでデコレーションされたクリスマスケーキがほとんどです。一方海外では、クリスマスに合わせて自国の伝統菓子を楽しむ国もあります。
それぞれのお菓子にまつわるエピソードや、その国の文化を知ることで、さらにおいしく味わえるかもしれませんね。ここでは海外のクリスマスケーキやデザートをいくつかご紹介します。

世界のクリスマスケーキ

クリスマス,デザート
日本のクリスマスで最も一般的なのはイチゴのショートケーキですが、国や地域によって定番も変わってきます。いくつかご紹介するので、今年はいつもと違ったデザートでクリスマスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

日本でも大人気!「ブッシュ・ド・ノエル」

フランスやカナダでは、「クリスマスの薪」を意味する「ブッシュ・ド・ノエル」がクリスマスケーキとして食べられています。ロールケーキをココアクリームでコーティングし、波型の模様をつけて木の表面に似せてあり、まるで本物の丸太のような見た目です。日本でもクリスマスの時期になると、ケーキ屋さんのショーケースに並んでいるのをよく目にしますよね。サンタクロースの砂糖菓子がのったものなど、よりクリスマスらしいデザインもあります。今年はフランスやカナダの気分を味わいながら、クリスマスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

南半球の夏に食べられるクリスマスケーキ

南半球のクリスマスは夏です。オーストラリアやニュージーランドでは、「パブロバ」というメレンゲのデザートがよく食べられます。卵白を泡立てて作られたメレンゲを焼いて、生クリームをのせ、キウイやイチゴなどのフルーツをたくさん盛りつけたフレッシュなケーキです。外はカリッと、中はマシュマロのような食感が特徴です。軽い食感で食べやすいので、甘いものが苦手な方にもおすすめのケーキです。

クリスマスを待ちながら食べるシュトーレン!

ドイツでクリスマスに食べられている「シュトーレン」は、バター風味の生地に、ドライフルーツやナッツがふんだんに練りこまれたデザートです。表面に粉砂糖がふりかけられ、まるで雪のようです。日が経つに連れて少しずつフルーツの風味が生地に移り、味わいが深まっていきます。日持ちするため、ドイツではクリスマスの一カ月前から少しずつスライスして食べる習慣があります。クリスマス前から当日まで、長く楽しめることもうれしいポイントですね。

クリスマスに食べられている世界のデザート

クリスマス,デザート
日本で定番となっているケーキのほかにも、世界には各国を代表するクリスマスデザートがあります。海外のデザートを用意して、異国の雰囲気を味わいながらクリスマスを過ごしてみてはいかがでしょうか。

イギリスの伝統的なクリスマスデザート

「クリスマスプディング」はイギリスの伝統的なクリスマスデザートです。ブランデーに漬け込んだ生地にたくさんのドライフルーツやナッツを混ぜて、その生地を蒸しあげて作ります。食べる時には、カスタードクリームやホイップクリームを添えることも多いです。
イギリスでは昔、クリスマスプディングの中にコインや指輪などを入れ、切り分けられた時に当たった小物で運勢を占う習慣もありました。クリスマスパーティーなどでこのような遊びを取り入れれば、さらに盛り上がりますね。

マリー・アントワネットの好物「クグロフ」

「クグロフ」はオーストリアやスイス、ドイツ、フランスなどで食べられるデザートです。オーストリアではクリスマスに食べられ、フランスのアルザス地方では主にパンとして食されています。マリー・アントワネットが好きだったと伝えられてから有名になったデザートです。最近では、日本のパン屋さんやケーキ屋さんでも見かけることが多くなってきましたね。
アーモンドやレーズンが入った生地を、斜めにうねりのある型に入れて焼き、表面には粉砂糖がふりかけられています。家庭でも簡単に作れてお取り寄せもできるので、今年のクリスマスは、クグロフで楽しんでみてはいかがでしょうか。

フィンランドのクリスマスに必須のデザート

フィンランドでは、「ヨウルトルットゥ」というデザートがクリスマスに食べられています。ヨウルトルットゥとは「クリスマスのタルト」という意味で、かわいらしい星の形をしています。名前も見た目もクリスマスにぴったりで、手に取りやすく、クリスマスパーティーにもおすすめのデザートです。星型のパイ生地にプルーンのジャムがのっているだけのシンプルなものですが、フィンランドではクリスマスデザートとして親しまれています。

ナッツがたくさん入った「トゥロン」

「トゥロン」は、スペインやイタリアで楽しまれているクリスマスデザートです。ヘーゼルナッツやピーナッツなどのナッツ類と、はちみつを練り合わせて作るお菓子です。ナッツ類がたくさん入っているため、食べごたえがあり、食後の満足感をたっぷりと味わえます。使われているナッツの種類によって味が変わるので、ナッツそのものの食感と味わいを楽しめます。スペインには、かたいトゥロンとやわらかいトゥロンがあり、かたい食べ物は苦手だという方でも、心配せずに味わうことができます。

まとめ

世界で楽しまれているクリスマスケーキやデザートをご紹介しました。気になるものは見つかりましたか?定番のクリスマスケーキは食べあきたという方は、今年は少し変わったデザートを楽しまれてはいかがでしょうか。新しい味や文化の発見になりますよ!