2017/12/12

今年はどれにする?日本と世界のクリスマスケーキの種類

デコレーション,クリスマスケーキ

毎年クリスマスに同じようなケーキを食べていて、「今年はいつもと違うものを食べてみたい!」と感じたことがありませんか? 実は“クリスマスケーキ”と呼ばれるものには、世界中にさまざまな種類があります。今回は、日本や欧米諸国で食べられているさまざまなクリスマスケーキの種類をご紹介します。今年は少し趣向を変えて、ぜひ例年と違うケーキを選んでみてください。

日本のクリスマスケーキ

デコレーション,クリスマスケーキ
定番のデコレーションケーキから、クリスマスには少し珍しいケーキまで、日本でよく食べられているケーキの種類をご紹介します。

生クリームケーキ

スポンジに生クリームがたっぷり塗られ、イチゴがのせられたデコレーションケーキは、日本のクリスマスでは定番になっています。飾りつけに砂糖菓子のサンタクロースやトナカイがついてくることが多く、このシーズンしか食べられないという限定感があります。かわいらしい見た目で、子供からも人気を集めるケーキです。とはいえ、毎年のように生クリームケーキを選んでいらっしゃるのであれば、今年は違うものを選んでみるのも楽しいかもしれませんね。

チョコケーキ

チョコケーキは、チョコクリームがたっぷりと塗られたものから、ビターチョコを使った大人な味わいのものまであり、子供から大人まで楽しめるケーキです。繊細なデザインを表現できるので、見た目に高級感があるのが特徴です。生クリームケーキと迷ってしまうという方は、年ごとに生クリームケーキとチョコケーキを交互に注文してみるといいかもしれません。

そのほかのケーキ

日本のクリスマスでは、多くのケーキ屋さんが生クリームとチョコクリームのケーキを用意しています。しかし、そのほかにもクリスマスケーキとしてホールで注文できる種類があるのを覚えておきましょう!
たとえば、甘さ控えめがお好みの方から支持される「チーズケーキ」や、フルーツがたっぷりのった「タルト」はその一例です。クリスマスにチーズケーキやタルトを注文したことがないのであれば、今年は趣向を変えてこれらのケーキでお祝いしてみてはいかがでしょうか。

世界のクリスマスケーキ

デコレーション,クリスマスケーキ

世界には日本の定番とは一味違うクリスマスケーキがあります。もしかしたら、これまでに食べたことのない種類も見つかるかもしれません。クリスマスに食べられている世界中のケーキの種類をご紹介します。

ブッシュドノエル(フランス)

ブッシュドノエルは、日本のクリスマスでもよく取り入れられるケーキですが、実はフランス伝統のクリスマスケーキです。ロールケーキの断面を木輪に見立て、チョコレートやココアで茶色く色づけしたクリームで木肌が表現されています。
生クリームケーキと同様に、クリスマスシーズンの定番として知られています。フランス発祥のケーキではありますが、日本のケーキ屋さんで購入しやすいのもポイントです。見た目がかわいらしく、クリスマスの食卓に彩りを添えてくれます。

シュトーレン(ドイツ)

シュトーレンは、ドイツでクリスマスに食べられている伝統的な菓子パンです。ドライフルーツやナッツ、マジパンなどをぎっしり包み込んで焼き上げ、仕上げに粉砂糖をまぶします。日持ちするため、忙しい方でもご自宅に買い置きしやすいのが魅力です。
シュトーレンはクリスマスイヴの4週間前から当日までに、クリスマスイヴを待ちわびながら、真ん中から薄く切った一切れずつを食べるのが主流です。時間をかけて食べることで徐々に熟成するため、味の変化を楽しめます。

クリスマスプディング(イギリス)

イギリスでは、クリスマスプディングと呼ばれるケーキが食べられています。こちらは生のパン粉やドライフルーツ、スパイスなどを混ぜて蒸し上げる、中身の詰まったどっしりしたデザートです。いわゆる“プリン”とは異なり、全体的に茶色くドーム型をしています。
これまでに食べたことのない伝統的なクリスマスケーキを選びたい方におすすめです。ただし、クリスマスプディングを用意しているお店はかなり少ないです。クリスマス前に予約を受け付けているところもありますから、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ジンジャーブレッド(アメリカ)

アメリカのクリスマスの定番は、ケーキではなくジンジャーブレッドというクッキーです。材料にしょうがやスパイスが使用されており、甘いだけではなくスパイシーな後味が特徴です。形はユニークな人型をしており、アイシングにより目と口を描くだけのシンプルな装飾が施されています。
ジンジャーブレッドを購入できるケーキ屋さんは多くはないものの、日本でもクリスマスによく手作りされているようです。通常のクッキーと変わらない手順で作れますから、いつものクリスマスケーキに添える形で用意してもいいかもしれないですね。

まとめ

日本や世界各国で食べられているクリスマスケーキの種類をご紹介しました。クリスマスケーキ選びに悩んでしまったら、いつものケーキとはあえてチョイスを変えてみてはいかがでしょうか。お気に入りのケーキが見つかった方は、ぜひ今年のケーキ選びで参考にしてみてください。