2017/11/3

ちょっと贅沢なクリスマスケーキをひとりで楽しもう!

クリスマス,ひとり

「仕事が忙しい」「単身赴任で家族から離れている」「パートナーがいない」など、クリスマスをひとりで過ごす理由はさまざまです。普段の生活では何とも思わないのに、クリスマスが近付くと周りがにぎやかさを増し、なぜかひとりでいるのを寂しく感じてしまうことはありませんか?
そんな方でも楽しい気持ちになれる過ごし方があります。「クリスマスなんてどうせひとりだし…」と思わずに、クリスマスケーキを準備して、ひとりでゆっくり過ごす素敵なクリスマスにしましょう。

自分へのご褒美ケーキはいつもより贅沢に!

クリスマス,ひとり

甘いものが大好きな方は、自分へのご褒美として、クリスマスデコレーションされたケーキを用意するのはいかがでしょう。ご褒美なので、ちょっと贅沢にホールケーキをひとり占めするのもいいですね。もちろん、どの部分から食べてもOKです!

ケーキの王道!「イチゴのショートケーキ」

イチゴを贅沢に使った「ショートケーキ」はクリスマスの定番ですね。ショートケーキとは、スポンジを土台にして、生クリームやフルーツをあしらったもので、小さく切られているものをさすのではありません。
クリスマスシーズンになると、まるで雪のように細かい粉砂糖がふりかけられたショートケーキをよく目にします。イチゴをツリーに見立てているショートケーキもあり、SNSでシェアしたくなるほどのかわいさです。ケーキの王道といわれるショートケーキを、ぜひひとりで贅沢に堪能してみてください。

「ザッハトルテ」は大人の味

つやつやと輝くチョコレートでコーティングされた「ザッハトルテ」は、甘さ控えめに作られていることも多く、男性でも食べやすいケーキです。表面には厚みのあるチョコレート、その中には、スポンジを上下に切り分けて生チョコをサンドしているものもあります。「チョコレートケーキの王様」と呼ばれていることもうなずけますね。
普段はシンプルなものが多いですが、クリスマスはデコレーションクリームやイチゴをあしらったザッハトルテも並びます。甘めに作られている「ザッハトルテ」には、甘さを控えた生クリームが添えられていることもあります。

何度でも楽しめる「シュトーレン」

「大きなケーキをひとりで贅沢に食べたいけれど、食べきれないかも…」と思う方もいるでしょう。そのような方には「シュトーレン」がおすすめです。ドイツの伝統的なクリスマス菓子で、ラム酒とドライフルーツを混ぜ込んだ生地を粉砂糖とバターでコーティングしています。
日持ちするだけでなく、熟成させることでうまみが濃縮されていき、長い期間おいしく食べられます。本場ではクリスマスを心待ちにしながら、味の変化を楽しみつつ少しずつ食べるそうです。まさにひとりでじっくり味わうことのできるクリスマスケーキですね。

ホールケーキを食べきれるか心配なあなたにはこれ!

クリスマス,ひとり

「ホールケーキはずっと同じ味だし、一日で食べきれないかも」と思っているなら、小さめサイズのカットケーキを選ぶといいでしょう。また、冷凍されたホールケーキも選択肢のひとつとして考えてみてくださいね。

いくつもの味を堪能!ケーキアソート

ケーキ屋さんに足を運ぶと、いろいろな種類のケーキが所せましと並んでいて、どれにしようか迷ってしまいます。「ひとりで過ごすのだからひとつだけ…」なんてもったいないです!
お店によっては、クリスマス限定アソートの販売もしています。小さめのプチケーキやタルト、カップケーキがクリスマス仕様になっていて、気分を盛り上げてくれるでしょう。かわいいケーキが詰まった贅沢なボックスは、男性でも購入しやすいですね。

好きなお店からひとつずつチョイス!

クリスマスシーズンは、限定商品を販売するお店が多くあります。好きなお店がたくさんあるのなら、プチサイズのケーキを買ってまわるのも楽しいです。食べたいものをひとつずつチョイスして、自分だけのクリスマス限定ボックスを作れますよ。それぞれのお店のイチオシクリスマスケーキをたくさん食べられるなんて、とても贅沢な過ごし方ですね。

通販で購入するクリスマスケーキ!

ネット通販でクリスマスケーキを購入した場合、冷凍された状態で届くことが多いです。冷凍ケーキは、使われるフルーツが限定されてしまうこともありますが、なんといっても生ケーキより日持ちがするので、ひとりでクリスマスを過ごされる方にぴったりです。
自分の好きなときに、好きな分だけカットして食べられる冷凍ケーキは、大きすぎて無駄にしてしまうことがありません。お店によって保存できる期間が異なりますので、事前に確認しておきましょう。

まとめ

特別な気分にひたるためのケーキをご紹介しました。ひとりで過ごすクリスマスでも、そこに華やかなクリスマスケーキがあれば、十分ムードを感じられます。ホールケーキを独占したり、プチケーキを並べたりして贅沢に過ごしてみましょう。