2017/9/24

意外と知らない!海外と日本のクリスマスケーキの違い

クリスマス,ケーキ

クリスマスケーキといえば真っ先に思い浮かべるのは白い生クリームに真っ赤なイチゴ、サンタさんの砂糖菓子がのった豪華なデコレーションケーキ、という方も多いのではないでしょうか。そんなクリスマスケーキですが、実は日本と海外とでは大きく違います。今回は日本のクリスマスケーキと海外のクリスマスケーキとを比較してみました。
はたしてどのような違いがあるというのでしょうか。その違いに驚かれること間違いなしです。

日本のクリスマスケーキ

クリスマス,ケーキ

日本と海外との違いを見ていくために、まずは日本のクリスマスケーキにはどんなものがあるかをおさらいしておきましょう。
日本でのクリスマスケーキの始まりは明治43年(1910年)でした。現代でも有名なとあるスイーツメーカーが、砂糖を溶かしたものでコーティングをしたケーキに、今でいうアラザンのような銀色の飾りを付けシンプルなクリスマスケーキを販売しました。
やがて大正11年(1922年)に同じスイーツメーカーからショートケーキの販売が始まります。そこから日本におけるクリスマスケーキがスポンジケーキに生クリームを施したものに変わっていったのです。

日本のクリスマスケーキの定番!デコレーションケーキ

日本におけるクリスマスケーキで最もポピュラーなのは、デコレーションケーキです。これが世の中に広まったのは1975年ごろといわれています。このことから日本に今のようなクリスマスケーキが定着したのは意外と最近であることがわかります。
デコレーションケーキとはスポンジケーキを生クリームやチョコレートクリームで飾り、その上にイチゴなどの果物をのせたケーキのことです。一番日本人になじみがあるのはこのタイプのケーキではないでしょうか。

海外のクリスマスケーキ

クリスマス,ケーキ

日本でのクリスマスケーキをおさらいしたところで、海外のクリスマスケーキでポピュラーものをご紹介します。日本と海外のケーキを比べたとき、日本では豪華なものが一般的ですが、海外ではシンプルなものが多いです。
海外といってもその国々で食べられているクリスマスケーキは大きく異なってきます。そのため、今回は国別に主に食べられているクリスマスケーキをまとめてみました。

フランスのクリスマスケーキ ブッシュドノエル

昨今では日本でも人気が出てきているクリスマスケーキの一つであるブッシュドノエルは、もともとはフランスで食べられているクリスマスケーキです。19世紀頃にこのブッシュドノエルが作られるようになったといわれており、このブッシュドノエルがクリスマスケーキの始まりであるとされています。

ドイツのクリスマスケーキ シュトーレン

ドイツで食べられているクリスマスケーキは、ケーキというよりもパンに近いクリスマスケーキ「シュトーレン」です。このシュトーレンは中にはナッツやドライフルーツが入っており、外には砂糖がコーティングされた、甘く細長いパンとなっています。
このシュトーレンは非常に日持ちがするため、クリスマスの約1か月前くらいから、少しずつ少しずつカットしていって食べるという文化があります。

イタリアのクリスマスケーキ パネットーネ・パンドーロ

イタリアでは二種類のケーキがクリスマスに食べられています。
まず一つ目はパネットーネというものです。これはパネットーネ種の酵母を用いて発酵させたものであるため、その名がつきました。中にはドライフルーツが入っており、ドイツのシュトーレンにも近いものを感じます。
二つ目のパンドーロは、卵黄を多く用い、天然酵母により発酵させて作った柔らかいスポンジケーキです。これにドライフルーツを入れると先ほどのパネットーネが出来上がります。

イギリスのクリスマスケーキ クリスマスプディング

イギリスの伝統的なクリスマスケーキは、クリスマスプディングです。このクリスマスプディングは材料にプラムがしばしば使われるため、「プラム・プディング」と呼ばれることもあります。
16世紀にはすでにクリスマスケーキとしての地位を獲得していたとされ、歴史のあるケーキです。

アメリカのクリスマスケーキは…

アメリカには決まったクリスマスケーキはありません。なぜならば、アメリカにはクリスマスにケーキを食べる習慣がないためです。そのため、七面鳥などのディナーを食べた後、アップルパイなどのパイを食べるという家庭が多いようです。

まとめ

日本と海外のクリスマスケーキを比べると、その違いが見えてきましたね。日本のほうが地味なのかな?と思いきや、海外のケーキのほうが質素で、意外に思われる方も多かったかと思います。
この違いが出てきた理由には、日本のクリスマスケーキはスイーツメーカーが商品として広めたものが文化として根付いたという背景があります。そのため、キリストの生誕を祝う海外のクリスマスの文化とはかけ離れた、日本独自の文化としてクリスマスケーキが広まったのです。
クリスマスケーキ以外にも日本独自のクリスマス文化はたくさんあります。調べてみるのも面白いかもしれませんよ。