2017/10/27

クリスマスケーキにおすすめのイラストデザイン

クリスマスケーキ,イラスト

クリスマスケーキにイラスト入りのケーキをオーダーする場合、デザインを自由に選べる分、悩んでしまいがちです。ここでは、一緒にクリスマスを過ごす相手に合わせて、子供向けと大人向けに分けておすすめのデザインをご紹介します。

子供向けならクリスマス定番モチーフのイラスト

クリスマスケーキ,イラスト

子供向けのクリスマスケーキのイラストは、サンタ衣装を着たアニメや漫画のキャラクターや、プリンセスやお菓子の家といった童話をモチーフにしたものがおすすめです。性別や年齢に合わせて、ぴったりなものを選んでくださいね。

お菓子の家や童話をモチーフに

小さな子供には、お菓子の家やネバーランドといった、誰もが知っている童話や絵本をモチーフにしたイラストがおすすめです。まだアニメを真剣に見ない子供でも、物語の中に入り込んだような気分で楽しむことができます。
イラストだけでなく、マジパンやアイシングクッキーなどのオプションをつければ、さらにその世界観が堪能できます。

アニメや漫画とのコラボ

小学生など、もう少し年齢が上の子供には、戦隊ものやアニメ、漫画のキャラクターがおすすめです。過去には、人気アニメの映画作品とコラボしたクリスマス限定のイラスト入りケーキが販売されたこともあります。
そういった情報を集めてみると、そのときしか食べられない特別なクリスマスケーキが購入できます。

大人向けクリスマスケーキのイラスト

クリスマスケーキ,イラスト

子供向けのイラストよりも、大人向けにはどんなデザインが好まれるのか頭を抱える人もいるでしょう。
そんなときには、特別な日に撮影した写真を使って似顔絵ケーキをオーダーしたり、大好きなテーマパークのキャラクターを取り入れてみるのがおすすめです。

イベント時の写真をイラストにした似顔絵ケーキ

誕生日やプロポーズされた日、結婚記念日など特別なイベントの写真がある場合には、その写真をもとに二人の似顔絵のイラストケーキをオーダーしてみませんか?
サプライズにもなりますし、パートナーを思いやる気持ちを改めて実感できるかもしれません。一年の締めくくりが近づくクリスマスに、大切な思い出を振り返ってパートナーとの絆を深めましょう。

テーマパークのキャラクターを取り入れる

パートナーに大好きなテーマパークがあり、毎年そこへ足を運ぶという方も多いのではないでしょうか。その場合、パートナーのお気に入りのキャラクターをクリスマスケーキに描いてもらいましょう。
現地に足を運べなくても、大好きなキャラクターがいるだけで楽しい気分で過ごせます。プレゼントに同じキャラクターのグッズを用意しておくと、さらに盛り上がるかもしれませんね。

イラスト入りケーキにも種類があるので注意

クリスマスケーキ,イラスト

イラスト入りケーキとひとくちにいっても、パティシエが手描きしてくれるものとプリントされたものの二種類があります。それぞれ魅力が異なりますので、自分たちの好みに合うものを選びましょう。
たとえば、結婚式の写真をもとにケーキを作ってもらう場合、似顔絵を描いてもらうのか写真をプリントするのかで雰囲気はがらりと変わります。思い出深いクリスマスになるように、最適なタイプを選んでください。

オリジナリティあふれる手描きのイラスト

オリジナリティあふれるクリスマスケーキにしたいという場合、パティシエがイラストを手描きしてくれるタイプがおすすめです。作るのに時間がかかるため早めの予約が不可欠ですが、プリントと違って、顔の向きや表情を変えたり、サンタの衣装を着せたりといった工夫が可能です。
ほかのキャラクターとコラボさせることもできるので、世界に一つしかないオリジナルのクリスマスケーキが作れます。

写真をプリントしたクリスマスケーキも

結婚記念日やプロポーズされた日など、クリスマスがイベントと重なる場合には、プリントするタイプのケーキがおすすめです。可食インクで写真やイラストをプリントするため、本人が飛び出してきたようにそっくりに仕上がり、思い出を鮮明に映し出すことができます。
ただし、手描きとは違いプリント部分以外のデザインが固定されていることが多く、シンプルな仕上がりになります。

まとめ

自由なデザインが可能なイラスト入りのケーキは、どんなデザインにするのかがとても重要です。クリスマスケーキとして、この時期ならではのモチーフとのコラボを楽しんだり、大好きなテーマパークのキャラクターを取り入れたりと、一緒に食べる人の年齢や性別に合わせて考えましょう。
ホームパーティーなら家族みんなが楽しめるデザインを、カップルや夫婦は二人の記念日の写真をイラストにして取り入れるのもおすすめです。いろいろなアイデアで、思い出に残るクリスマスを過ごしてください。