2017/10/1

甘党以外も楽しめる!甘くないクリスマスケーキ

クリスマスケーキ,甘くない

クリスマスにはケーキを食べて雰囲気を楽しみたいものですが、なかには甘いものが苦手という方もいるでしょう。甘さ控えめのケーキはあっても、甘くないクリスマスケーキを探すのは一苦労です。
そこで、甘いものが苦手な方でも食べられるクリスマスケーキのアレンジをまとめてみました。小さな子供がいて糖質や脂質を制限している方も、参考にしてみてください。

生クリームを使用しないケーキを選ぶ

クリスマスケーキ,甘くない

ひとくちにクリスマスケーキといっても、さまざまな種類があります。たとえば、ドイツのクリスマスは、シュトーレンと呼ばれるお酒やドライフルーツを練りこんだ焼き菓子を食べるのが一般的です。
日本のように生クリームやチョコレートなどをたっぷり使ったクリスマスケーキを食べることはあまりメジャーではありません。生クリームが苦手でクリスマスケーキが食べられないという方は、このような海外の焼き菓子に注目してみるといいでしょう。

マリーアントワネットが愛したクグロフ

クグロフとは、マリーアントワネットが愛したとして知られる、フランスのアルザス地方で作られた伝統的なスイーツです。
シャンパンやワイン、コーヒーなどとの相性がいいため、クリスマスのディナーにもぴったり。生地にはドライフルーツやナッツが練りこまれていて、食感の変化を楽しめます。

イギリスの定番クリスマスプディング

クリスマスプディングは、イギリスで食べられている伝統的なケーキです。プディングとはいうものの日本人が想像するようなプリンとは全く別物です。生地には、オレンジピールやレモンピール、ナツメグにシナモンといったスパイス、そしてラム酒が含まれています。
部屋の電気を消してケーキにブランデーをかけ、火をつけて出すのがお決まりのスタイルです。このような演出は、クリスマスの夜を一層華やかにしてくれます。

甘さを調整したいなら手作りするのもおすすめ

クリスマスケーキ,甘くない

先ほどご紹介した二つのスイーツにはお酒が含まれているため、子供がいる家庭では食べられないこともあります。また、今まで食べたことがないケーキに挑戦するのは、勇気がいるという方もいるでしょう。
そんなときは、お手製のクリスマスケーキで、甘さを調整するのがおすすめです。手作りにすれば、生クリームに入れる砂糖の量も調整できるので、甘すぎずほどよい味に整えられます。フルーツなどの材料も好きなものを選んで、自分に合ったクリスマスケーキが作れるのです。

卵白が主体のシフォンケーキ

シフォンケーキは、卵白をメインに使っているためそれほどこってりとした甘さではありません。生クリームやフルーツを少し飾り付けるだけで見た目が整うので、普段お菓子作りをしない方も挑戦しやすいでしょう。ネイキッドケーキ風にクリームをのせるだけにすれば、使用するクリームの量を減らすこともできます。
また、小さな子供に生クリームをたくさん食べさせたくないという場合にも、こちらの方法が役立ちます。

豆乳クリームなら生クリームほど甘くならない

豆乳クリームは、よく生クリームの代替品として使用されます。生クリームほど重くないので、甘いものが苦手な方も食べやすいです。小さな子供がいてアレルギーが心配という家庭でも安心して食べられます。
ホイップされた状態で購入できるので、ケーキ作り初心者の方も使い勝手がよいアイテムです。しっかりデコレーションされたケーキを食べたいというときには、さっぱりとした豆乳クリームを使って仕上げるといいでしょう。

甘くない”食事ケーキ”という選択肢も

クリスマスケーキ,甘くない

甘いものを全く受け付けないという場合は、ケーキのような見た目のディナーメニューを取り入れてみるのがおすすめです。
たとえば、サンドイッチをくるくると巻いてケーキに見立て、その周辺をレタスやトマトで飾るだけでもテーブルが華やかになります。ほかにも、作りやすいメニューをピックアップしてみました。

お寿司ケーキは和食好きの人におすすめ

お寿司ケーキとは、名前のとおりお寿司をケーキのような見た目に作ったものです。すし飯と好きな具材を交互に重ねて型に入れ、一番上にエビやサーモン、玉子などを盛り付ければ完成です。ケーキのデコレーションが苦手な方でも、お寿司ケーキならばやり直しが利くので大丈夫。
もっとお手軽に済ませたい方は、購入したお寿司をクリスマスツリーのように並べるという方法もあります。日本酒や焼酎、和食が好きという方が集まる場にもおすすめですので、ぜひ取り入れてみてください。

温かいまま食べられるケークサレ

寒い冬には温かい料理が恋しくなります。ケークサレは、温かいまま食べることができる塩味のケーキで、キッシュに近い料理です。材料は野菜に卵・牛乳など、家庭にあるもので簡単に作れるのがうれしいところです。
タルトやパウンドケーキ、カップケーキなどお好みの型で調理できます。甘いケーキが苦手という方は、おかずケーキとしてこちらを取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

甘いものが苦手な人は、ケーキを食べたくないあまりにクリスマスを嫌な行事に感じてしまうかもしれません。しかし、生クリームを使用していないケーキや、手作りケーキ、甘くないおかず系のクリスマスケーキなど、選択肢はいくつかあります。
甘いものが苦手な方はこちらを参考に、楽しいクリスマスを過ごせるよう工夫してみてはいかがでしょうか。