2017/8/29

大切な人へ思いを届けよう!クリスマスカードのメッセージ例文

クリスマス,カード

年に1度しかないクリスマス。プレゼント交換やクリスマスケーキ、きれいなイルミネーションなど楽しみなことがいっぱいありますよね。プレゼントはもちろん貰うだけではなく、渡す行為もどんなリアクションをしてくれるかと、ワクワクしてしまいます。
このプレゼントですが、より喜んでもらうためにクリスマスカードも一緒に添えてみませんか?しかし、いきなり「クリスマスカードにメッセージを」と言われてもとっさに言葉が思い浮かばない方も多いでしょう。
そこで今回は、クリスマスカードに入れるメッセージの文例や、ポイントなどご紹介していきます。

恋人へのメッセージ、一番のポイントは「“名前”を入れる」

クリスマス,カード
日本でクリスマスと言えば、恋人たちのイベントというイメージが強い方も多いのではないでしょうか。まずは恋人へのプレゼントにつける、クリスマスメッセージの文例を見ていきましょう。
ここでのポイントは、なんといってもメッセージ内に“名前”を入れること。名前を入れることで、「あなたに向けたメッセージ」だということが強調できます。いつもは愛称で呼んでいたり、関係に慣れてしまって「ねえ」「ちょっと」など、名前を呼ぶことが少なくなっていたり、なんて場合は特に喜んでもらえるのではないでしょうか。
口に出すのは恥ずかしくても、文章ならば言えること、ということもありますよ。

彼女から彼氏へ贈るメッセージ

彼女から彼氏へのメッセージですね。ポイント通りきちんと名前が入っています。クリスマスは今でこそイベントの一つとなっていますが、元々はキリストの生誕祭。そこには感謝の気持ちがとてもよく似合うのではないでしょうか。

・例文①
〇〇君へ。メリークリスマス!いつも頼りにしています。これからもよろしくね。
・例文②
メリークリスマス!いつも優しくしてくれてありがとう、大好きだよ。

彼氏から彼女へ贈るメッセージ

こちらは反対に彼氏から彼女へのメッセージ。特に男性は感謝の気持ちや愛情を口に出すことをためらう方が多いですよね。しかし、だからこそ言葉にしてもらえれば女性はうれしいもの。感謝の気持ちや愛情の言葉を文章に託して伝えましょう。

・例文①
メリークリスマス!大好きな〇〇とクリスマスを過ごせてよかった、いつも心配してくれてありがとう
・例文②
〇〇の素敵な笑顔が好きだ、これから先もずっと一緒にいようね。メリークリスマス!

友人間のメッセージ。恋人間よりも気持ちライトな文章でOK

クリスマス,カード
クリスマスは友人と集まってワイワイするのも楽しいですね。クリスマスムード一色の街並みも、テンションを上げてくれる小道具の一つのようですね。
同性の友人と一緒に過ごす時間というものは、とても気持ちを満たしてくれるものです。そんな友人間でのプレゼント交換、メッセージにはどのような言葉を選ぶべきなのでしょうか。
面白いことが大好きな友人なら、ネタに走ったメッセージも十分にアリだと感じます。しかし、やはりせっかくのクリスマス。たまには軽く感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

友人にへ贈るメッセージ 直球の場合

思い切って率直に感謝の気持ちを投げかけてみましょう。仲がいいからこそ、改まった言葉はなんだか気恥ずかしく感じてしまいますよね。しかし、感謝の気持ちを伝えられて嫌な気分になる人はいません。クリスマスというイベントに乗じてみれば、普段よりは言いやすいのではないでしょうか。

・例文①
〇〇ちゃんへ。メリークリスマス!いつも相談に乗ってくれてありがとう。いつまでも仲良くしてね
・例文②
メリークリスマス!〇〇のおかげでいつも元気をもらってます。ありがとう!

友人へ贈るメッセージ 古い友人の場合

学生時代から変わらずずっと交流がある、など長年の友人へのメッセージになります。よく高校、大学の友人は一生の友達になる、なんて言われますよね。今までの感謝と、これからの関係への気持ちを込めたメッセージを贈りましょう。

・例文①
メリークリスマス!〇〇と友達になって何年かな?また来年も一緒に遊ぼうね。
・例文②
〇〇へ。いつまでも友達でいようね!メリークリスマス!

友人へ贈るメッセージ ライトな文章の場合

「いくらクリスマスカードでも、やっぱりなんだか恥ずかしい」という方は、くすりと笑ってしまうようなメッセージはいかがでしょうか。ユーモアあるものから、自虐的なものまで、ライトな表現で相手を和ませてあげましょう。

・例文①
〇〇がいい子にしてたのに、今年はサンタが来ないって言ったとき、笑い死にした。メリークリスマス
・例文②
来年こそはお互い、パートナーを見つけてクリスマスを過ごそうね。メリークリスマス!

子供へのメッセージ!おすすめはやはりサンタさんからのメッセージ

クリスマス,カード
子供の年齢にもよりますが、サンタさんを信じている場合は、やはりサンタさんを装ったメッセージが一番です。何より子供にとっては、「自分だけに宛てられた手紙」というもの自体が珍しいです。ただでさえうれしいお手紙が、大好きなサンタさんからもらえるとなれば、子供が大喜びしているのが目に見えるようですね。
また、パパママから別個にメッセージを付けるというのもおすすめです。プレゼントはサンタさんから、メッセージはパパママからというのも素敵です。幼いころの温かい思い出は大人になっても残るもの。素敵な思い出を残せるよう、メッセージカードにも工夫を凝らしてみてくださいね。

サンタさんから子供へのメッセージ

サンタさんからのメッセージバージョンですね。子供というのは案外細かいところを見ているものなので、わざと読めない英語表記などを入れると、「サンタさんは外国人だから英語なんだ!」と思いがけず納得してくれたりします。お子さんの性格に合わせて調節してみてくださいね。

・例文①
〇〇ちゃんへ。MerryChristmas!いい子にしていた〇〇ちゃんへのプレゼント、大切にしてね
・例文②
〇〇ちゃんは今年とっても良い子だったんだってね。わしは嬉しくて仕方がないよ。MerryChristmas!

パパママから子供へのメッセージ

こちらはパパママからのバージョン。こちらはストレートにお子さんに伝えたい言葉を書いておきましょう。子供は日々大きくなるので、ストレートな言葉で喜んでくれるのはほんのわずかな時間だけです。いつか思い出になるように、きれいなカードを選んであげてくださいね。

・例文①
〇〇ちゃんへ。パパママのところに来てくれてありがとう、2人とも〇〇ちゃんのことが大好きです
・例文②
〇〇ちゃんがいつも笑顔でいてくれて、とっても幸せです。いつまでも笑顔を忘れないでね。

まとめ

今回はクリスマスカードに添えるメッセージの文例、メッセージを書く際のポイントなどをご紹介してきました。
年に1度だけの楽しいイベントであるクリスマス。多くの楽しみがありますが「メッセージカードに凝る」というのはなんだか恥ずかしくて今までしたことがない、という方も多いのではないでしょうか。実際、目の前でメッセージを読まれるのは照れくさかったりしますよね。
街中がクリスマスムード一色になっている雰囲気の中でなら、普段は言葉にできないようなことでもチャレンジしやすいのではないでしょうか。。自分の思いをきれいなクリスマスカードに託してみましょう。