クリスマスに写真に撮りたい思い出に残るクリスマス料理まとめ

クリスマス,料理

年に一度のクリスマス、夜の街はイルミネーションに彩られ、家族連れや恋人たちの笑顔でにぎわいます。クリスマスは家族、友達、恋人とホームパーティーをするという人も多いのではないでしょうか。普段は料理をしない人も、「クリスマスは腕によりをかけて、見た目と味にこだわったクリスマス料理をおいしく作りたい!キレイに写真に撮って思い出に残したい!」と思いますよね。そんな人のために、定番のローストチキンや簡単に作れるひとくちおつまみまで、クリスマス料理をご紹介します。

クリスマスのホームパーティーに最適なひとくちおつまみ

 

クリスマスパーティーは、主菜のチキンやデザートのケーキの前に、サラダや気軽にひとくちで食べられるおつまみ感覚のクリスマス料理が定番です。手の込んだ主菜で料理の時間がとられてしまう!そんな人でも大丈夫です。クリスマス料理は、普段の料理の見せ方を少し変えるだけで、ぐっとパーティーらしくなります。ここでは、クラッカーや餃子の皮などを使ったひとくちおつまみから、普段食べるようなお寿司やサンドイッチのクリスマス料理バージョンをご紹介します。

チーズと野菜、フルーツも!クリスマス料理定番のクラッカーのいろいろのせ

簡単に作れるクリスマスパーティーのひとくちおつまみといえば、クラッカーの上にフルーツやチーズ、野菜を乗せた「クラッカーのいろいろのせ」です。あらかじめ作ってテーブルを彩っておくのもよし、材料を用意しておいて、それぞれ食べたいようにのせるのもよし、お好みで作ることができます。

お手軽クリスマス料理の餃子の皮で作るパリパリピザ

餃子の皮で作るパリパリピザは、餃子の皮にピザソースとチーズやコーンを乗せてオーブンで焼くお手軽クリスマス料理です。オーブンがない場合は、魚焼きグリルで表面をこんがり焼いたり、フライパンでさっと焼いてもおいしくできます。

どこでも簡単!クリスマス料理にひとくちサンドイッチ

クリスマス料理はメインディッシュのローストチキンなど食べるものがたくさんあるので、サンドイッチはひとくちサイズにして、かわいらしい爪楊枝をさしておくと、食べすぎることなくパーティーらしくなり食べやすくなります。

クリスマス料理でもお米は食べたい!鮮やかなひとくち手まり寿司

ひとくち手まり寿司の作り方は簡単!ラップにひとくち大の刺身をのせて、その上にひとくちサイズの酢飯をおいて、ラップをにぎって形を整えるだけです。刺身以外にも、キュウリを薄切りにしたり、薄焼き卵でおおってオムライスボールを作ると、色鮮やかなクリスマス料理になりますよ。

見た目がかわいい!つまようじで作るハムとフルーツのピンチョス

ピンチョスはハムやフルーツなどを一口大に切って、爪楊枝で串刺しにしたものです。フルーツやにんじんなどの野菜を星やハートなどの型でくり抜くとかわいらしくなり、つまようじもカラフルなものを使用するといいでしょう。

クリスマス料理にフォトジェニックでかわいらしいヘルシーサラダ

クリスマス料理

ローストチキンなど、しっかりとしたお肉料理のイメージが強いクリスマス料理ですが、サラダも添えて野菜もしっかりとりたいですよね。最近、SNSで流行っているのは食べるのがもったいないくらいかわいらしいクリスマスリースのサラダです。普段のサラダをクリスマスリースのように輪にして、星やハートの型でくりぬいた野菜を飾ると、よりパーティーらしく華やかな食卓になります。普段の食事のような味気ないサラダは卒業して、フォトジェニックでかわいらしい、思わずカメラで写真を撮りたくなるようなヘルシーサラダをご紹介します。

食べるのがもったいないくらいかわいい!クリスマスリースサラダ

普段、お皿に盛りつけるだけのサラダ。これを平たいお皿にクリスマスリースの形に盛り付けるとクリスマスパーティーの雰囲気が出てきます。緑色の葉物を円状に並べて、人参やパプリカなどの彩り豊かな野菜を散らすだけで、思わず写真を撮りたくなるようなクリスマス料理になります。

クリスマス料理の定番!お肉によく合うポテトサラダ

クリスマスの主菜のお肉料理によく合うのが、じゃがいもをゆでてつぶすだけのポテトサラダです。じゃがいもの中に、コーンやハムなどを入れるのもいいですが、クリスマス料理に合わせる場合は、塩コショウだけで味つけしたポテトサラダがおすすめです。

おしゃれなサラダの代名詞!クリスマス料理にトマトとモッツァレラチーズ

こちらは、トマトとモッツァレラチーズをスライスして、オリーブオイルと塩コショウをかけるだけなので、とても簡単です。バジルやミントなどの緑色の葉を添えると、トマトの赤と合わせてクリスマスカラーになり、雰囲気が出てきます。

クリスマス料理にさっぱりとしたタコとサーモンのマリネ

クリスマス料理の主菜は肉料理が中心ですが、副菜にタコやサーモンなど魚介類のマリネを添えると、さっぱりとしたものが好きな人におすすめの一品になります。

ワインによく合うクリスマス料理といえば、生ハムとアボガドサラダ

女性からの人気が高い食材、アボガド。アボガドを薄くスライスして生ハムを添えれば、ワインに合うおしゃれな一品が簡単に作れます。

クリスマス料理の主役といえば絶対に外せないのはこれ!

クリスマス料理

クリスマスパーティーのクリスマス料理の定番といえば、ローストチキンやローストビーフといった肉料理はもちろん、みんなでわいわい楽しめるチーズフォンデュ、デザート感覚で楽しめるチョコフォンデュがあります。そして、クリスマスに絶対外せないのがクリスマスケーキです。クリスマスケーキは、生クリームたっぷりのショートケーキにチョコレートでコーティングされたザッハトルテ、クリスマスにぴったりな丸太を模したロールケーキなど種類も豊富です。ケーキに飾る砂糖菓子のサンタクロースや、暗い部屋を明るく灯すかわいらしいローソクの飾りつけもいいですね。そんなクリスマス料理の絶対に外せないメニューをご紹介します。

みんなでわいわい楽しいチーズフォンデュ

クリスマスパーティーにもってこいのチーズフォンデュ。白ワインを多めに入れて大人の味にしたり、チーズが苦手な人は南瓜をコンソメスープで煮込んだポタージュスープ、子供にはチーズの中にカレールーをまぜてカレーフォンデュにすると喜ばれます。

おやつやデザート感覚で甘いチョコフォンデュ

チーズフォンデュが終わったら、チョコフォンデュに変えてデザートも楽しめます。フォンデュ器が家にない場合は、アルミホイルでカップを作って代用しましょう。

クリスマス料理の定番といえばチキンの丸焼き・ローストチキン

クリスマス料理といえば、ローストチキンです。海外ドラマや映画で、クリスマスパーティーには必ずといっていいほど出てくるチキンの丸焼き。家族や友達など大勢でクリスマス料理を囲むときテーブルにあると、クリスマスの雰囲気が出ますよね。

赤ワインに合う肉料理といえばローストビーフ

クリスマスに食べるローストチキン以外の肉料理といえば、ローストビーフです。こちらも「作るのが大変そう!」と敬遠されがちですが、クリスマスシーズンになるとスーパーでは必ず売っているので、料理が苦手な人は買ってくるのをおすすめします。ローストチキンのように、がっつりとお肉を食べられないという女性は、ローストビーフの切り身を買って、赤ワインと一緒に味わうのがよさそうです。

最後は絶対に外せないクリスマスケーキ

クリスマスパーティーの主役といえばクリスマスケーキです。これがないと、クリスマスの雰囲気が半減してしまいます。手の込んだメイン料理を用意するのであれば、クリスマスケーキは事前に予約をして、当日は受け取るだけにした方がいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?クリスマスパーティーで、家族や友人、恋人と楽しむクリスマス料理についてご紹介しました。年に一度のクリスマスには、普段の食事よりも豪華なものを作りたくなりますよね。オードブルはもちろん、ローストチキンやローストビーフなど、時間をかけてクリスマス料理を作ることで、クリスマスパーティーの楽しみが増えていきます。そして、クリスマスパーティーの一番の主役は「クリスマスケーキ」です。クリスマスケーキを手作りするのも楽しいですが、お店のケーキは見た目も鮮やかで、味も格別です。ぜひ、今年のクリスマスは手の込んだクリスマス料理と一緒に、お店で購入したクリスマスケーキを楽しみましょう。